TEL.072-623-4618 千里丘駅徒歩2分の歯医者|あきら歯科
WEB
予約

口腔外科surgery

口腔外科とは?

口腔外科

口腔外科は虫歯や歯周病の治療を除く、口内やその周囲の疾患を対象とする部位に起こる様々なトラブルに対応し、外科処置を行う診療科です。

口腔外科で扱う主な治療・疾患は以下となります。

親知らず等の抜歯
インプラント治療
顎関節の疾患(顎関節症等)
口腔粘膜疾患
(口内炎・良性腫瘍等)
歯性感染症
顎顔面の外傷
(骨折・歯の損傷・軟組織の外傷)

「なかなか治らない口内炎」も
注意が必要です

口腔外科

口内炎は、ほとんどが1〜2週間ほどで治癒しますが、口内炎を繰り返すことで口腔がんを発症するケースや、長引く口内炎を検査をしてみると「口腔がんだった」というケースも実際にあります。

また、口腔がんを見抜くことは医療知識を有した医師でも難しく、的確な診断ができるまでには多くの経験が必要となる病気でもあります。

当院長は市中病院口腔外科にて、さまざまな症状の診査・治療実績を持つ歯科医師です。これまでも多くの患者様のお口の中を慎重に診査し、口腔がんや舌がんなどの早期発見につなぐよう努めてまいりました。

また、医科をはじめとする他分野の処置が優先される場合や、より高度で特殊な医療が必要となる場合は、専門医療機関へご紹介することも可能です。お口周りのことで気になる症状がございましたら、まずは当院へご相談ください。

口腔外科で扱う症状例

親知らずの抜歯

口腔外科

真っ直ぐ正常に生えていて健康な状態であれば、基本的に親知らずを抜く必要はありません。

親知らずが斜めに生えていたり、隣の歯を圧迫している場合など、周囲の歯に及ぼす影響や将来的なリスクを考慮して抜歯をおすすめする場合があります。

親知らずが気になる方は、お気軽に当院へご相談ください。

親知らずの抜歯について

インプラント治療

口腔外科

インプラント治療は、歯を失ってしまった場合に機能の回復を図る治療法の一つです。

失った歯を補うための他の治療法としては、ブリッジや入れ歯がありますが、インプラントはブリッジのように周りの健全な歯を削る必要がなく、また、入れ歯のように使わない顎骨が痩せてしまうといった心配もいりません。

インプラントは、1本の歯を失った方から、全ての歯を失った方まで、幅広く適用することができる治療法です。インプラントについての疑問やお悩みについても、遠慮なく当院へご相談ください。

インプラントについて

顎関節症

口腔外科

顎関節症は顎の関節周りの何らかの原因により、口が開かないなどの機能低下を引き起こす症状です。以下のような症状は、顎関節症が原因となっている場合があります。

顎関節症の症状例

口を動かすとカクカクと音がする
物を噛むと耳の付け根やこめかみが痛む
口が大きく開かない
口が急に開かなくなった

こうした症状は、しばらくすると治まることもありますが、肩こり・頭痛・難聴・めまい・食欲不振などの症状が慢性化し、日常生活に支障をきたしてしまう場合もあります。

顎周りの違和感や痛みが続くという場合には、一度ご相談ください。

口腔粘膜疾患
(口内炎、良性腫瘍等など)

口腔外科

口腔粘膜疾患の代表的なものは口内炎です。口の中の粘膜が腫れたり、赤くただれていたり、出来物ができることで痛みを生じます。

また口の中の粘膜が白くなる白板症という前癌病変の疾患もあります。「口内炎がなかなか治らない、長引いている」という場合にも、遠慮なくご相談ください。

歯性感染症

口腔外科

歯性感染症とは、虫歯や歯周病などの歯の細菌が原因で生じる感染症のことです。強い痛みや腫れ、膿が溜まる、発熱などを伴う場合があります。

局所の洗浄や内服による抗菌薬治療、切開で膿を摘出するなどして消炎処置をした後、原因歯の治療を行います。なるべく早い段階で処置を施し、症状を悪化させないことが重要となります。

顎顔面領域の外傷

口腔外科

転ぶ・ぶつかるなどして口内外を切ってしまった場合や、歯が折れた・抜けてしまったという場合など、お口の中の軟組織の損傷や顎骨骨折、歯牙の損傷等が対象となります。

単独の歯の破折や脱臼の場合は、一般歯科医院でも治療が可能ですが、顎骨骨折や顔面の裂傷の治療は専門性のある病院で早期の治療が必要となります。

あきら歯科|千里丘駅から徒歩2分の歯医者
[所在地]
〒566-0011
大阪府摂津市千里丘東2丁目9-9
タカセンビル101
[アクセス] JR京都線「千里丘」駅徒歩2分
診療時間 日祝
9:30 - 13:00
14:30 - 19:00

休 診木曜・日曜・祝日
※祝日のある週は木曜診療

あきら歯科